Notice!
青春ソバット完結記念アンケート
詳細はこちら
アンケートに答えて読んだ人なら解る×××をURLに入れておまけ漫画をゲットしよう!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ] - -

BDP-S370
ソフトだけが無常に積まれてたブルーレイのプレイヤーをやっと購入しました。まあもうちょっとまともなのを買おうかとも思ったのですが、とにかく価格が安いのとブルーレイとSACDが両方再生できるものでこの価格はありえんだろー?とあまり音には期待せずに購入。

画像はパソコンのモニターにHDMI-DVI変換して繋いでますがうちのモニターがフルハイ対応ではないのでいっこ下の解像度で使ってます。(720/60p)

[ オーディオ ] - -

お買い物
仕事のながら作業にいいかなーと買ったSONYのDVP-FX850

液晶モニターは今のパソ用のナナオのやつが初めてなのできっと目が慣れるまで疲れるだろうなーと思ったけど、案の定来たその日は画面に酔いまくりで吐きそうでした…。が、今はだいぶ慣れていい買い物したなーというかんじ。もうひとつ液晶の大きいサイズのもあったのだけど、なななんと光端子がついてない…!!ありえない… SONYはまがりなにりも音響メーカーだろ?そこ削ってどおおすんの?!と愕然…。

そんなわけで光端子のついてる一番大きい液晶はこれしかなかったのでこれにしてみた。

いろいろ買う前に調べたんだけどこれの音の良さを書いてる人いないのがむしろ驚きなんですが…(当然アンプに繋いで音出す前提ですが)と、DVDプレイヤーなのにCDプレイヤーとしてのうんちくを載せる変なブログです。折りたたみ。
[ オーディオ ] - -

DSDマスタリング
最近買い直したpoliceの名盤、synchronicityには、DSDマスタリングという表記があり、従来のCDに用いられるPCM方式とはちがうねん〜といううんちくが書かれてた。


聞いてみたら一聞瞭然。




最近SHM-CDとかいう通常のCDとは別種の液晶パネル用ポリカーボネート樹脂を使用することにより素材の透明性をアップさせてCDそのものの制度を高めた?CDも売ってますがこれは私1本しか持ってませんけど非常に再生する本体との相性がでかい気がしてて、(うちのはHDサウンドはまずまずだけどCDプレイヤーはきゅっきゅ鳴ってこわい…音も安定感がない気がする。)値段に見合っているかというと微妙。(通常のCDよりやや高い)

なので同じリマスター盤なら普通のCDを買う派…です。

で通常よくいうリマスター盤と上記DSDマスタリングって何が違うのか調べてみたら、そもそもデジタルリマスターてのは『アナログマスターテープからのデジタル変換を、最新機器を用いてやり直す』ちうわけで各社やり方が違うみたいです。

で、その中の一つ(sonyの方式)がDSDマスタリングとゆーやつで、

アナログ音源を1bit化(DSD化)してさらにCD用に16bit,44.1kHzにダウンサンプリングしたCDとのこと。サンプリング周波数がCDの64倍の細かさの2822.4kHzちうなはなはオーバーサンプリングでPCM方式の24bitデジタルリマスターとは何が一番違うかというとAD変換行程がシンプルってとこみたいです。

面白いのが、音源がアナログでなくPCM方式だった場合、一旦アナログ出力してからDSD化するそうな。デジタルなんだからそのまま1bit化した方がよさそうなもんなのに音の世界は不思議。

そしてその1bit化したまんまのんがsonyががんばっているSACD(SUPER AUDIO CD)という事です。

すごくよくわかった!!!!(私だけ…?)



で、ですねー。デジタルマスタリング、どれもいいんだけどこのDSDマスタリングは本当にいいです。
特にHDサウンドでは抜群。音が空間としてリアルに広がってくかんじが。CDプレイヤーとは比較にならないなまめかしー音がします。

つまりiTunesが駄目なわけではなかったw結局音源の問題なんか〜というかんじです。

そんな訳でSACDはプレイヤー持ってないけどハイブリッド盤を買いあさります。ハイブリッドのCD音源は間違いなくDSDマスタリングですから!!!

ちょっと普通のCDより値がはるSHM-CDなら、絶対SACDのハイブリッド盤をおすすめします。将来SACDプレイヤーで楽しめる可能性もあるしw(私はまだ買う予定ない…)それかDSDリマスタ表記のある通常のCD。





いんやー、SONYの悪口はもう言えないっ。いい仕事しすぎ…。
policeの1986年盤と聞き比べるのは本当にかわいそうだが(聞き比べたw)音の世界はここまで進化しているのかああああああああ!と驚愕。

そしてHDサウンド、やっぱりすごい。CDプレイヤーがいかにアバウトに鳴らしているのかがよくわかる〜。でもPCM方式のCDはCDプレイヤーの方が音いいんだよね…不思議。…謎…。



[ オーディオ ] - -

もういっちょ
GXのヘッドホン出力なのですが、ネットでは評判悪いみたい?と思いつつ一応ね、一応自分の耳でも試さないと気が済まないので、我が家では長年使用しまくってきたけど、タイムドメインlightがきてから捨ててもいいかな…レベルに評価が落ちたsonyのMDR-EX90SLでGXかませてD-E999再生。

…………





こっこれは!!!!!!



MDR-EX90SLって、発売当時はsonyの定番モニターヘッドホンMDR-CD900STの設計コンセプトを継承とかなんとかでインナーイヤー型のくせにモニターヘッドホンを自称してて、面白そうだからとりあえず買ってみよう!といちまんえん位で買ったんだけど、密閉型音響構造によるすぐれた低音再現力とか自称してるくせに音漏れが激しすぎ!みたいな。

ま私のよーに家でのみ使う人は何も問題ないんだけど。透明感とか低音とか…そんな期待は打ち砕かれ。平板な音〜。だったの。圧縮音源のせい?とCDプレイヤー直結で使ってもまあそんなかんじ。うう確かにプレイヤーに付属してるイヤホンとは雲泥の差だけどそんなワクテカはなく、いわば値段相応、としかいいようのない代物だったのです。(スピーカーで聞く文化がまだ我が家にはなかったのでこれでずーっと圧縮音源とか聞いてたのよ〜今ではにわかに信じがたいが…。)

が、GXかましただけで化けちゃいました。

やたら分離が良くなっちゃってまー。まー。ヘッドホンでもここまで開放感と空間のある音が出るんだ〜とかなり驚きました。へー。ヘッドホンもタイムドメインの音の鳴り方とは全く別物ですが、これはこれで楽しい。うむ!MDR-EX90SL!駄目な子だと思ってたけど君は素晴らしい子です。捨てなくてヨカッタ。ありがとうsony。





そうそう、なんでオーバーヘッドのヘッドホンを使わないかというと、長時間仕事しながら使うんで肩や首への負担がね。あと顔周りになにかある感じがね、駄目なの。最近のはだいぶ軽いと思うけどやっぱりインナーイヤーの軽さは超えられまい。

そんなでGX(SXの方はわかりません…)買ったらMDR-EX90SL中古で安く買うといいよ。これならモニターイヤホンと自称していいよ。

うーむ。sonyが嫌い嫌い(デザインがかっこわるいから)といいつついい仕事してるじゃん!ばっかで…。Macユーザーのくせにたぶん一生iPodには世話にならんだろうと思う今日この頃です。




※追記

>GXのヘッドホン出力なのですが、ネットでは評判悪いみたい?
っていうのはPCにUSB接続の音源でGXかましたときの音の事みたいです。

ためしにiTunesの音をGXかまして上記ヘッドホンできいてみたら噂に違わずひどい音で…ほんとうにつまってつまってきけたものではないよ。おいおいおいだよ。

そんなで、MDR-EX90SLおすすめとか書いてるけどそれはあくまでD-E999が音源だった場合ね。D-E999って実はすごい名機なのかもしんない。

※追追記

USB接続じゃなくてインテルMacで光ケーブルで繋いだら案外いいのかもしれない?とかふと。

うちはG4なんで光が繋げないんで実験できないのですが〜。ま配線だけでなくOSの違いやら電源の取り方なんかでも音変わるみたいなんで一概に言えないんだけど。
[ オーディオ ] - -

タイムドメインファン。
タイムドメインlightを使うようになってから日常が変わっちゃった。まいにち浴びるよーに音楽を楽しんでます。

そしてすっかりlightのエージングも済んでベースの音も良くなったな〜と思う頃、これだけでも充分楽しいんだけどもうちょっと改善されるとどういう音が鳴るのかな?という飽くなき欲望がむらむらと…。

そこでサウンドデバイスを追加しようと色々調べたのですが
最初AUDIOTRAKのPRODIGY CUBEでオペアンプ交換して遊ぼうかなと思ったんだけど(半田とかいらないので気軽に交換できて楽しそうだった…)いかんせんバスパワーなとこが…。セレクターとしてサウンドユニット使いたいのですよ。TVもPCもCDもMDも、これから買う予定のPS3もぜんぶタイムドメインから出したい。そんなわけでバスパワー故に却下。

で結局選択肢はonkyoのSE-U55SX(W)しかないんだけど、どーもその前のGXのがよさそうで。

まあネットでちょっと調べるだけで色々な情報が飛び交ってて、結局自分の耳の好みは自分で聞いてみないとわからないんだけど、現行版SXはなんか作りがいかにも廉価版ってかんじで…安っぽいのがやなかんじだ〜と思って。

とりあえず運良くGXの新品未開封品がゲットできてしまったので昨日、早速いろいろ繋いでみました。

PCにはネットで定評あったBELKINのゴールドシリーズ、海外からお取り寄せUSBケーブルで接続。

うん。たしかに音がかなり変わる。定位も音像もさらに向上。微妙〜な音までひろうひろう。いわゆる単純明快に『カラフル』になってるのは素人耳にも明らか。でも聞くものによってはごちゃっとした印象もちょっとあって。(好みの問題と聞くものによっての相性は基本だが…)

まそんなかんじでとりあえずひととーりMacにぶちこんであるHDサウンド再生終了。

で。

タイムドメインと相性がいいと言われているSONYのD-E999をためしに付属の光ケーブル接続してCD鳴らしてみた。

ぶっ。

はははははははああはあはあはあはあ。
すごすぎて笑いがこみあげてきたw

取設にはデジタル音楽データの音質を飛躍的に向上するVLSC

とあり、本当にびびりました。飛躍的にって本当に飛躍的すぎて爆笑。なんだよVLSCって!!!みたいな。

直接light繋いでた時はiTunes>>>>D-E999のphones接続(lightを直接繋ぐ場合はline out だとベースが全部ぶった切られた音になるのでlight直接つなげる場合はこっち。)だったものが…。


こっちのがiTunesよりがぜん自然な音になった。(ちなみに私の音の好みは生々しくて色付けされてない系)

すげーなonkyo!!!!!!!!!!!!!!

いやタイムドメインがすごいのかsonyのポテンシャルもあなどれないのかとにかく…
もうiTunesでは聞かないかも?(でもyoutubeとか用にPC接続はしてる。)

タイムドメイン、それだけでも充分楽しめるけど、もちっと楽しみたい方にはおすすめ。
っていうか基本PC用として販売されてるんだけどPCだけじゃもったいないです!!!!色々持てるポータブル機は全部光ケーブルでつないで遊びましょう。入力端子もこれでもかというやまもりで素晴らしいです。SXならコストパフォーマンスも良い。

[ オーディオ ] - -

RSS1.0 Atom0.3
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

みんなのブログポータル JUGEM