Notice!
青春ソバット完結記念アンケート
詳細はこちら
アンケートに答えて読んだ人なら解る×××をURLに入れておまけ漫画をゲットしよう!
<< さむい ついでに >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ] - -

今更ですが
松尾マアタちゃんから頂いておりましたお絵描きバトン。忘れてた訳じゃなく!こんな時に(風呂あがりのんびりタイム)やりたかったのですよ。

【1.まず何から描く?】

何からでも…。あまり決まってないですね。
足から描く事もあれば(次号ソバットの扉絵は足から描いてたな)前髪から描くこともあれば…。ようは紙面に入れたい順?

【2.よく使う画材。】
シャーペンと消しゴムと。(とくにこだわりはない。)
ペン入れはゼブラの丸オンリー。Gはベタ用。笑。枠線は油性のなまえペン(こだわりなし…)最近道具はこだわりよりもいかに早く作業できるかみたいなシンプルさです。(枠線乾くの待ってられなくてつけペンでやるのやめました。。。マアタちゃんに丸ペンの先切って枠引くの教えておきながら…ふ。)
それとこれがないとまんが描けないって位重宝してるランプシート。ってとこかな。

カラーは基本、コマ割ってない絵はえんぴつ線にドクターマーチンのカラーインクとコピック。紙はケントボード。ボードはとても発色が良いので好き。
でも、コマ割ってあるいわゆる漫画の着色は原稿のペン入れ済のコピーに着色するので紙がコピー機とおる厚さのでないといかんのでコピックの専用用紙に塗っているのですが、いかんせんケントボードに比べると技というか、色々発揮出来ない事が多いです。(コピック用紙は薄くてインクをすぐ吸収してしまうのでカラーインクの透明感が出にくい。)

【3.絵を描くにあたってのこだわり。また絵にかける時間は?】
こだわり…一本の線でペンを入れてくってとこかな…。
迷いのない線が描けてないと何度でも同じコマを入れ直すかんじ。この前どーも冒頭の白洲の顔がうまく入れられなくて、6回もやりなおしてしまった…。笑。
なんかとてもわかりにくい話であれですが、どのへんが善し悪しの基準かというと奇麗な線とかは目指してなくて、その『もの』に見える線(皮膚なら皮膚、布なら布みたいな)を目指してます。
ペン入れは手が働いて入れてくものなんだけど、頭の中ではその感触とか質感とかイメージして入れてますね。こだわりってそんなかんじかなあ。
あとあんまりかちっとペンで描きすぎないというか…しゃらっと描いた方がそれっぽく見える…みたいな。わかりづらくてすみません。とにかくラフな、肩の力あんま入ってないのびのびした線が好きです。

時間…ですか、うーん。まあ一本で線引いてく訳だから、何度もなぞる人よりは物理的に早いと思うけど、何度も失敗して素振り状態の時間も長かったりするからな。わかりません。カラーは好きこそなんとやらで早いです。拍手に入ってるようなラフカラーは下書き5分塗り15分ってかんじです。そういうのが楽しくて好きなのですが、仕事のカラーは多少時間かけます。まあ出来はあんま変わんないですが…。

【4.バトンを回す絵描きさん5人。】
ご自由にお持ちください。せんのちゃんはご指名で。

そんな訳で最近ずっと猫ブログ&日常だったのでたまにはマンガーっぽいネタ。マアタちゃん有難う!!!
[ 作業工程とか ] - -

スポンサーサイト
[ - ] - -

RSS1.0 Atom0.3
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

みんなのブログポータル JUGEM