Notice!
青春ソバット完結記念アンケート
詳細はこちら
アンケートに答えて読んだ人なら解る×××をURLに入れておまけ漫画をゲットしよう!
<< キリジャ あれ?休みか? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ] - -

そうかな
というのは小田和正のCDタイトルで相対性の彼方というのの略だったような。明治安田生命の『時をこえて』のCMでおなじみの曲をちょっとためしに聞いてみようと購入。

小田やオフコースって学生の頃はなんだかとても偏見があってわりと意図的に避けて通ってたんだけど最近私も人並みの感性がそなわったのか単に年のせいかエバーグリーンなものを取り入れるようになった。


どういう偏見があったかというと、あまりに愛とか幸せとかを切々と歌うので本人はさぞかし絶望が深い人なのであろう。と。…その歌詞が君の憧れる幸せ世界なんだね、幸せになりたいんだね、小田さん。ああなんて痛いんだ…という思い込みが全てだった。笑。

でも今は絶望が深い人程幸せ感もまた深いよね、というところまで理解できるようになったのと、小田のライブを前TVでたまたま見てその喋りになんというか私の好きな浦沢直樹のような静かなる反骨精神というのか、大人な佇まいを覚えむしろ好き系であると認識。遅咲きの小田ブーム。ビジュアルもなんとなく寂しく枯れてる感じが好みだ。

やっぱ年かな。笑。ストレートに尖ったモンより内に秘めてる位のものでないと最近はだめだ。多分。

学生の頃は国語の教科書の表紙に巨匠東山魁夷なんかが使われてるとそれでいいのか東山、生きているのか東山、と教科書叩き付けてた私。うーむ…。

今は東山も悪くねーな、と思うし、ハートカクテルはまだ鬼門で通ってないけど読んだらそれなりに楽しめるかもしれない。とか思う。(本当かな…)

人は変わってゆくのね…

学生の頃の感性はこんなかんじ。

今こんなん。

将来的にはとっと●ハムタローが理解できるようになる予定。


ところでガンバの冒険、DVD出たんだね。欲しいなあ。高いなあ。
なんか子供の頃見た記憶ではやたらガサガサした絵本っぽい絵が恐くて好きだった。画面黒い。みたいな。ああいう手描き感あふれるアニメは今はもう流行らないのかな。CGで作ったアニメもならではの良さがあるけど。やっぱり肉筆感溢れるもんが好き。

とまあ、キャパは広くなっても好きなもんの傾向は変わってない。

[ 解析 ] - -

スポンサーサイト
[ - ] - -

RSS1.0 Atom0.3
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

みんなのブログポータル JUGEM